[和書] アフリカン・アメリカン スラング辞典 (改訂版)

ヒップ・ホップ・カルチャーに息づく言葉を集大成。最新の黒人英語スラングをふんだんに取り込み10年ぶりに全面改訂。巻末付録にエボニクス(アフリカン・アメリカン英語)の特徴、ライムとR&Bの歌詞に登場するアフリカン・アメリカン著名人リスト、ラッパー/R&Bシンガーたちによる言葉遊び、ヒップ・ホップ年表がつく。

4189r2tpcqL._SX322_BO1,204,203,200_

アフリカン・アメリカン スラング辞典 (改訂版)
泉山 真奈美 (著)

ヒップ・ホップ・カルチャーに息づく言葉を集大成。最新の黒人英語スラングをふんだんに取り込み10年ぶりに全面改訂。巻末付録にエボニクス(アフリカン・アメリカン英語)の特徴、ライムとR&Bの歌詞に登場するアフリカン・アメリカン著名人リスト、ラッパー/R&Bシンガーたちによる言葉遊び、ヒップ・ホップ年表がつく。

[Amazonから抜粋]

《こちらもオススメ》

ファンク―人物、歴史そしてワンネス... ファンク―人物、歴史そしてワンネス リッキー ヴィンセント (著), 宇井 千史 (翻訳) ひたすらファンクしたい人も、自分の隠れたファンク度の高さにうすうす感づき始めた人も、「え、ファンク?」という人も、「ああ、ファンクね」という人も、ボクもワタシも…一歩踏み込め。さらばファンクは授からん...
ヒップホップはアメリカを変えたか?―もうひとつのカルチュラル・スタディーズ... ヒップホップはアメリカを変えたか?―もうひとつのカルチュラル・スタディーズ S.クレイグ ワトキンス (著), 菊池 淳子 (翻訳) ヒップホップのパワーとは?その未来とは?病める現代アメリカの社会・政治・経済を刺激してきたヒップホップ・カルチャー。その誕生から絶頂、そして明らかになる...
ハーレムの熱い日々 ハーレムの熱い日々 (講談社文庫 よ 10-1) 吉田 ルイ子 (著) 黒人スラム街にともに暮らし、黒人たちを撮り続けたフォトジャーナリスト吉田ルイ子――貧困・麻薬・売春・差別に象徴されるニューヨーク・ハーレムで、人間が人間であることを取り戻すことに目覚めた黒い肌の輝きを、女の感覚とカメ...
ザ・ノトーリアス・BIG ビギー・スモールズ物語... ザ・ノトーリアス・BIG ビギー・スモールズ物語 (warp ARTIST SERIES) ジェイク ブラウン (著), Jake Brown (原著) 伝説のラッパーの生と死。死後10年にして明かされる最初で最後の物語。 ...
ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981) ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981) エド・ピスコー (著), ED PISKOR (著), 綾井亜希子 (翻訳) 米国ワシントン・ポスト紙の"2013年ベストコミック" 米国シアトル・タイムズ紙の"2013年ベスト音楽コミック" SPIN誌の"2013年ベスト音楽本...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください