[和書] 日本のヒップホップ―文化グローバリゼーションの〈現場〉

51bTAM6+tsL._SX298_BO1,204,203,200_

日本のヒップホップ―文化グローバリゼーションの〈現場〉
イアン・コンドリー (著), 上野 俊哉 (監修), 田中 東子 (翻訳), 山本 敦久 (翻訳)

アメリカ発のヒップホップ文化が、どのように日本語ラップというスタイルを気形作ってきたか。本書は世界中に広がる文化としてのヒップホップを〈現場〉の 視点から考察した、あたらしい日本文化論。日本人のアイデンティティ、日本語ラップ、ファン文化、音楽業界という多様な視点から、1990-2000年代 の日本のヒップホップの核心に迫る。

[Amazonより抜粋]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です