エイドリアン・ヤングに聞く映画のサウンドトラック名盤5選!
ロサンゼルスのプロデューサー/コンポーザー、エイドリアン・ヤングは、ドクター・ドレーやウータン・クラン、ソウルズ・オブ・ミスチーフの影響を自身の作品に残しながらも、60年代と70年代のソウルとヒップホップ黄金期のマナーに忠実なアーティスト。エイドリアン・ヤングに聞いた「映画のサウンドトラック名盤5選」がコチラです!
西海岸ヒップホップ黎明期のレーベル特集 2/2

西海岸ヒップホップ黎明期のレーベル特集 2/2

映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を見てからというもの、昨今の西海岸ヒップホップの盛り上がりに加え、筆者のウェストコースト熱に更なる拍車をかけたN.W.A!ということで、西海岸ヒップホップ黎明期のレコード・レーベルを探ってみました。
エイドリアン・ヤング初来日公演決定!

エイドリアン・ヤング初来日公演決定!

ヒップホップから生まれたソウル新時代の天才プロデューサー、エイドリアン・ヤングの初来日公演が決定!
[Mix CD] イーグル藤田 / Freshmen Vol.03

[Mix CD] イーグル藤田 / Freshmen Vol.03

世界のヒップホップシーンと時差が無い、今一番フレッシュなアーティストのみで構成された「Freshmen」シリーズ第3弾!アンテナの高いヘッズなら否が応でも反応してしまう、厳選された44曲。本当の"新譜"はこのミックスCDに全て詰まっている。北から南、東から西へ、USヒップホップシーンの最前線はコチラ!
[Album] Anderson .Paak / Malibu

[Album] Anderson .Paak / Malibu

Dr.Dreの『Compton』にフィーチャーされたことで注目を浴びている、LAのシンガー、アンダーソン・パーク(Anderson .Paak)のニューアルバム『Malibu』がドロップ!
西海岸ヒップホップ黎明期のレーベル特集 1/2

西海岸ヒップホップ黎明期のレーベル特集 1/2

映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を観てからというもの、筆者のウェストコースト熱に更なる拍車をかけまして、西海岸ヒップホップ黎明期のレコード・レーベルを探ってみました。80年代初期に設立されたレーベルの多くは、アーティスト自身が自分たちの音楽を売るために設立されました。
noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入

noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入

『noisey ATLANTA』(2015)全シリーズをまとめてアップ!マスト・ウォッチなドキュメンタリーです!

アメリカ合衆国屈指の国際的先進都市アトランタ。経済面だけでなく、多彩なキャラクタ­ーが名を連ねるミュージック・シーンも、独特な存在感で他都市に先んじている。中でも­、トラップ(ミュージック)に関わる面子が繰り広げる悲喜こもごもは、世界の音楽シー­ンをリードしている、といっても過言ではない。なぜ、アトランタのミュージック・シー­ンは豊穣な才能の宝庫なのか、その秘密を探るべく、一人の男がディープ・アトランタに­潜入するシリーズ。

—————————————-­—————————————-­————-
VICE Japan:http://jp.vice.com/
Facebook:https://www.facebook.com/VICEJAPAN
Twitter:https://twitter.com/VICEJapan
—————————————-­—————————————-­————-


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入①


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入②


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入③


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入④


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入⑤


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入⑥


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入⑦


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入⑧


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入⑨


noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入⑩:最終回 |

[和書] Wassup! NYC ニューヨークヒップホップガイド (音楽と文化を旅するガイドブック)

[和書] Wassup! NYC ニューヨークヒップホップガイド (音楽と文化を旅するガイドブック)

wassupNYC
Wassup! NYC_ニューヨークヒップホップガイド (音楽と文化を旅するガイドブック)
水谷光孝 (著), $HOW5 (イラスト)

1973年、ニューヨークのブロンクスにあるアパートの一室で開催された小さなパーティーからすべてが始まった。
ブレイクビーツ、ラップ、スクラッチ、サンプリング、ブレイクダンス、グラフィティアート……。 後に「ヒップホップ」と名付けられ、全世界を震撼させ続けているこのカルチャーは、ニューヨークで生まれ、発展してきた。
オールドスクールから最新人気アーティストまでのジャケット&ミュージックビデオ撮影地・グラフィティの聖地・レコーディングスタジオ・ライヴ会場・公園・バーバーショップ・レストランなど、NYC(ブロンクス、マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、スタテン・アイランド)のヒップホップにまつわる歴史的現場やアーティストお気に入りの店を100カ所以上掲載したニューヨークガイドの決定版!

“ヒップ”だけではない、
“ヒップホップ” なニューヨークがここにある! ! !

[Amazonより抜粋]

|