USヒップホップ界隈から探る古代エジプトの謎【2】

USヒップホップ/R&B界隈の黒人アーティストの作品を中心にアルバムのカバーアート、ミュージックビデオといったヴィジュアル・コンセプト、ファッションで古代エジプト文明を象徴するモチーフが数多く起用されている。黒人アーティストが古代エジプト文明のモチーフを起用して伝えたいメッセージとは何なのか?

YAPPARI HIPHOP初ニューオーリンズ紀行:現地カルチャー編

YAPPARI HIPHOP初ニューオーリンズ紀行:現地カルチャー編

最近の海外旅行はヒップホップ文化研究〜音楽のフィールドワークと化しているYAPPARI HIPHOP!ニューオーリンズの現地カルチャーが非常に独特かつディープで興味深かったので書き留めておこうと思います。

ニューオーリンズ旅行のヒップホップあれこれ

ニューオーリンズ旅行のヒップホップあれこれ

ニューオーリンズ旅行中に見たMaxo Kreamのライブ、ラッパーが生まれ育った公営住宅の現在、テュレーン大学でのヒップホップ/バウンス資料漁りなどヒップホップ関連の出来事について!

アメリカ奴隷制時代の歴史を色濃く残す南部のプランテーション

アメリカ奴隷制時代の歴史を色濃く残す南部のプランテーション

ヒップホップといったアメリカ黒人音楽のルーツをたどる上で、切っても切り離せないのがアメリカ奴隷制の歴史。ニューオーリンズ旅行で、アメリカの奴隷制時代の歴史を色濃く残すプランテーション(大規模農園)に行ってきました。

スヌープ・ドッグ 『I Wanna Thank Me』国内仕様盤リリース!

スヌープ・ドッグ 『I Wanna Thank Me』国内仕様盤リリース!

ハリウッド殿堂入りスピーチの際の名セリフ『I Wanna Thank Me』をタイトルに冠したスヌープ・ドッグ 最新アルバム『I Wanna Thank Me』国内仕様盤の日本語解説をYAPPARI HIPHOPが執筆させていただきました!
Master PやJuvenileの故郷で体験した衝撃のニューオリンズ・セカンド・ライン・パレード!

Master PやJuvenileの故郷で体験した衝撃のニューオリンズ・セカンド・ライン・パレード!

ジャズ生誕の地として有名なアメリカ南部ルイジアナ州ニューオーリンズ。ニューオーリンズのバウンス/ラップ黎明期にも影響を与えている衝撃のセカンド・ライン・パレードに潜入してきました!
ギャング・スターの16年ぶりのフル・アルバム『ONE OF THE BEST YET』国内仕様盤リリース!

ギャング・スターの16年ぶりのフル・アルバム『ONE OF THE BEST YET』国内仕様盤リリース!

ギャング・スターの16年ぶりのフル・アルバム『ONE OF THE BEST YET』国内仕様盤の日本語解説をYAPPARI HIPHOPが執筆させていただきました!
A3C Conference and Festivalライブレポート

A3C Conference and Festivalライブレポート

Yasiin Bey、Rakim、Big Daddy Kane、E-40、DJ Quik、YG、Boogie、SOB x RBE、Buddy、Smino、G Perico という東海岸はNYのオールドスクール世代から注目の西海岸新世代ラッパーまでが集結したA3C Conference and Festivalのライブレポートをお届け!