516T6W87M1L._SX321_BO1,204,203,200_

ラフラ、24歳の遺言―あるラッパーの生涯
枝口 芳子 (著)

2000年8月29日、東京の国立がんセンターで一人の若者がその生涯を閉じた。24歳だった。アル中の父、両親の別居、人種差別、そして10万人に1人といわれる精巣ガンの発病…。運命の皮肉に翻弄されながらも、周囲を明るく照らして駆けぬけたラッパー、A‐Twice(ラフラ・ジャクソン)。苦悩の果てにすべてを受け入れ、生きることを味わいつくして逝った、あまりにも鮮やかな人生の記録。

[Amazonから抜粋]

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です