アメリカ・カリフォルニア州ベニスビーチ出身の映画監督、ステイシー・ペラルタによるロサンゼルスのギャングの姿を描いた2008年の映画作品「Crips & Bloods: Made in America 」がオンラインで観れます。クリップスとブラッズといえば、青と赤の2大ストリートギャングで有名です。このドキュメンタリーは1960年代のギャングの発足を促せた当時のカリフォルニア州の状況や要因についてギャングの創設者やメンバー達が議論しています。先日来日したブルックリンのラッパーSAIGONもG-SHOCKからTシャツまで赤ファッションでキメているイーストコースト・ブラッズでしたね。日本未公開のため字幕はありませんが、頑張って観てみてください!

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です